ズレ

 

下書きが溜まっているので消化していきたい……。ブログを書くのは楽しいし、ブログの内容はきっとすごく私っぽいんだろうな。Twitterやブログで、意識しても自分らしくない振る舞いができない。自分自身を見てほしい気持ちが強いからわざとらしくないことをするのに価値を感じない、できないというよりめんどくさくなっちゃうんだな。

誰しもが、多かれ少なかれほかの人と違うというステータスを必要としていると思う。特別な存在でありたいという欲求。普通に幸せになりたいと願える人にとっては、普通に幸せであることが特別なことなのかな。私が今ほかの人と違う存在であることを証明してくれるものはなんだろう。いくつか思いつくし、私は自分がみんなと違うことをアピールする方法を知っている。私が得意で、そこらの人には負けないものを知っている。そして、それを知るまでは違う方法でアピールしていたから、今同じことをしている人の気持ちが手に取るようにわかる。わかってしまう。

他人との違いを作る最も簡単な方法は、社会に適応しないことだと思う。普通のレールから外れてしまうこと。一般的な道を外れることの大変さは身をもって知っているし、それなりの代償があることは理解している。普通のレールを外れた人はみんな特別になりたいからそうしたと言いたいわけでもない。ズレがあることを自覚したとき、私はとにかくそれを理解して認めてほしかった。私の場合のズレはなんだったのかな……みんなができることをなぜか私だけできない、というのが大きかったかな。対人関係も、学業も、やればできると言われてきたことは全部やれなかった。友達を怒らせないことや期限までに宿題を出すこと、テストのために勉強をすることが、私にとってはなによりも難しくてできないことだったんだな。でもそんなこと伝わらない。人から見れば甘えでしかない。それが苦しくて、ズレを理解してもらうために腕を切った。腕を切ったことをアピールした。暗い曲ばかりを好きになった。それをアピールした。多少認めてもらったけれど、解決はされず、後々ズレが大きくなっていき私は日常生活をやめる。

私が嫌いな病みアピールも、メンヘラだからの自己紹介も、根本は自分のズレを認めてほしいのかもしれない。自分の生きづらさが上手く解決されない時、関係ないようなアピールをしてしまうよね。個人的にはただの日常の話なのに闇を感じるような人間になりたいなと思っているよ。私の生きづらさはまだ解決されていないもの。まだ心に余裕がないからなにもできないけど、いつかそういう人たちの原因のズレを見つけて認めることができるようになりたい。