どうしようもないこと

 

人を羨ましく思う時がある。私がどう頑張ってもできないことを簡単にやってのけてしまう人が多くて、できないに対する理解も得られず、息苦しいまま生きていくしかないのかな。すぐに諦めてしまうのはよくないことかもしれないけど、できないに対してもっと寛容な世界がいいな。それぞれ違う自動車で、最初から壊れている人もいて、そんな中なのにみんなが同じコースを同じスピードで走るなんて無理だと思うの。

いくつか病気が見つかって、その度に安心する自分がいる。やっぱり私甘えてないんだなって、私が感じてきた違和感はおかしくなかったんだなって、自分を肯定されたような気持ちになってしまう。ずっと頑張れなくて、頑張ってもできないことで怒られて、もう散々だったなあ。どうして私なんだろう。前世で人でも殺しちゃったかな。

どうしようもないことを目の前にして、それでも他人を責められる人と一緒にいるのがつらい。相手の立場で考えればわかることなのに感情のまま怒る人が嫌だ。誰も悪くないのに誰かを悪者にして吊るし上げたい人がこわい。私、生きていくのに向いていない。

 

でも人と喋るのが好き。みんなが思うこととか、知ってることとか、下らない話とか、そういうことが好き。話を聞いてもらうのも好き。上手に話をするのはまだできないことだけど、少しずつお互いに楽しい会話ができるようになりたいと思う。

一般的な努力は凄く苦手だけど頑張ることは好き。なにかを一生懸命やることってこんなに楽しいんだなって。私は友達と一緒にやる方が好きみたい。

好きだけど苦手みたいなこともたくさんあるし、どうしようもないことがいっぱいあって苦しくなるけど、少しずつできることを増やしていこうと思う。他人に迷惑をかけたり、助けられたりが多いけど、きっとそれを避けては生きていけない。まだ上手く生きれないけど、いつか上手に生きれるようになれたらいいな